人気の東京ガールズコレクション。知られざる裏事情とは?

  • 作成日:2015年02月24日
  • 1,144 views

203
今、大人気のガールズモデル。テレビやファッション誌で見ない日は無く、その影響力は芸能人と同じように非常に大きなモノとなっています。そんなガールズモデルが話題のファッションブランドの新作を身に纏い、ランウェイを颯爽とキャットウォークする姿を生で見られる東京ガールズコレクション。おまけに来場者はスマホを用いて、その場で人気モデルが身に纏う新作のお洋服も購入できるとあっては、話題にならないはずはありません。
今回はそんなファッションの一大イベント、東京ガールズコレクションの知られざる裏事情について、お話したいと思います。

そもそも東京ガールズコレクションとは?

東京ガールズコレクションという名前は、ファッションに少しでも興味のある人であれば、一度は耳にした事があるでしょう。テレビのワイドショーなどでも、たびたび取り上げられており、漠然としたイメージはご存知という方がほとんどだと思います。
2005年にスタートした東京ガールズコレクションは、リアルクローズの約20ブランドによるファッションショーと人気ミュージシャンのライブパフォーマンスのほか、フードコートやファッション系の協賛企業のブースなども並ぶ、まさにオシャレ大好きな女の子のためのお祭りなのです。
メインのファッションショーでは人気ガールズモデルや話題の芸能人が一堂に介し、華やかな演出の中、次々と登場し、ブランドの新作コレクションに留まらず、映画やテレビ番組のプロモーションなどを行っていきます。

東京ガールズコレクションの仕組みとは?

東京の代表的なファッションショーとしては、東京ファッションデザイナー協議会が主催する東京コレクションが有名ですが、この東京ガールズコレクションは「ガールズウォーカー」というファッションに関するトレンド情報や通販、占いなどのコンテンツで若い女性に人気のポータルサイトのイベントとして開催されています。東京コレクションがバイヤーやジャーナリストなど、ファッション関係者など招待状を持つ人々だけが無料で入場できるイベントである事に対し、東京ガールズコレクションでは、一般の人々向けに6000円〜15000円という料金のチケットを販売しています。そういった意味では、特別な人しか見れなかったファッションショーへの憧れをうまくビジネスに落とし込んだと言えるでしょう。

ファッションの価値観を変えた東京ガールズコレクション

前述のように特別な人しか入場できない東京コレクションは、参加するブランド、デザイナーもクリエイティブで前衛的、モードなテイストのモノがほとんどで、出演するモデルたちも個性的な人物が多く、そのような世界観が一流と言われていました。そのため、リアルクローズなブランド、ファッション誌やテレビのバラエティ番組を賑わすような、「キレイ」「カワイイ」といったルックスもモデル達は二流というイメージが強かったのですが、東京ガールズコレクションの世間への影響力が強くなるにつれて、その価値観は変わってきました。最近では、モード系ブランドが東京ガールズコレクションに参加するケースが増えてきており、逆に東京ファッションデザイナー協議会が、東京ガールズコレクションに参加するようなリアルクローズ、ギャル系ブランドに東京コレクションへの参加を依頼をする事もあるそうです。
世間への話題性がとにかく重要なファッション業界。
やはり勝者は「影響力の強いモノ」という事なのでしょう。

転職情報

アクセスランキング

新着情報

アイテム別