驚愕!ユニクロとデザイナーズブランドの知られざる関係とは?

  • 作成日:2015年02月13日
  • 653 views

0213.5
シンプルでリーズナブル、そして他の海外ファストブランドとは一線を画す高いクオリティで、人気のユニクロ。ショップを見かけると用が無くともついつい入りたくなってしまいますよね。ユニクロの商品を手に取って、つくづく関心するのが、リーズナブルな価格帯にも関わらず、優れたデザイン性とシルエットなど完成度の高い商品企画です。実はそれもそのはず。ユニクロの商品企画は世界の一流スタッフによって生まれているのです。

ユニクロを支える一流スタッフ

ドイツのトップデザイナー、ジルサンダーとのコラボレートブランド「J+」やアンダーカバーとのコラボレーション企画など、常に最先端のファッションブランドとの取り組みが話題となっていますが、ユニクロのオリジナル商品のディレクターを手掛ける滝沢直己氏は、イッセイミヤケで世界的に活躍した人物。また、裏方で働くパタンナーや生産管理スタッフなども、国内外の一流ブランドで活躍してきたメンバーで構成されています。例えば、パターンを手掛けるスタッフは、日本が世界に誇るトップデザイナーの右腕とまで呼ばれた人物ですし、企画を行うスタッフはニューヨークやパリの一流ファッション学校で学んできた人材が数多く在籍しています。
つまり、展開する商品こそリーズナブルですが、世界的なラグジュアリーブランドにも負けないような一流のスタッフがモノ作りを手掛けているのです。

ユニクロと新進デザイナー

超一流ブランドとの取り組みが注目されがちですが、長年「デザイナーズインビテーション」というプロジェクトで、国内外の多くの新進デザイナーとのコラボレーションを発表してきました。このプロジェクトではビジネスの規模ではなく、デザイン面で評価されている若手デザイナーを毎回数組ピックアップし、彼らの独創的なデザインとユニクロの代表的なアイテム、カットソーを融合させた商品を発表しています。
このプロジェクトに選ばれたデザイナーの中には、現在でもユニクロの商品企画と関わる人物も多く、ユニクロのモノ作りに対する柔軟性に驚かされてしまいます。

このように、実はデザイナーズブランドと深いつながりを持っているユニクロ。かつてはファッション業界からは見向きもされない存在でしたが、そんなファッション業界の一流スタッフを吸収していき、今や日本が世界に誇るファッションブランドに成長しました。これもひとえにユニクロの企業努力の賜物と言えるのではないでしょうか。

転職情報

アクセスランキング

新着情報

アイテム別