トレーナーの職種紹介

  • 作成日:2015年01月06日
  • 663 views

記事入れ90

トレーナーの仕事内容

ショップスタッフの指導を行うトレーナーのお仕事

ショップスタッフの教育、指導は通常、エリアマネージャーやショップマネージャーが行いますが、大手企業などでは、教育、指導を専門に行うトレーナーというお仕事があります。

新入社員スタッフ研修の企画と実行

ショップスタッフとして配属される新入社員に対し、挨拶や笑顔など、接客の基礎から指導する研修を企画し、実行します。
企業によっては、ホテルなどを数日間貸し切り、合宿形式の研修を行うケースもあります。

スタッフの階層別研修の企画と実行

新たにショップマネージャーや副店長に昇格するショップスタッフなど、各階層ごとの接客の指導を行う研修を企画し、実行します。

店舗巡回、スタッフ指導

各店舗を巡回し、既存のスタッフの接客のクオリティの点検と指導を行います。

他社リサーチと自社導入

他社の接客をリサーチし、自社に取り入れるべき事案に関しては、新たに研修を企画し、実行します。アパレルのみならず、飲食業など、他業種などもリサーチします。

トレーナーの給与、スキル、資格

平均給与、給与モデル

平均月収35万円~50万円
給与モデル 月収40万円(35歳女性、販売歴10年、トレーナー5年目)
通常、トレーナーという職種は、ショップスタッフからスタートし、ショップマネージャーを経て昇格する事が多いですが、ショップマネージャーの中でもとりわけ接客のスキルの高いスペシャリストと言われる人物が担当します。その為、給与面は比較的良いでしょう。

男女比

男性4:女性6
ショップスタッフ、ショップマネージャーを経て昇格する職種のため、女性の割合が少し高いようです。ですが、男性スタッフを多く抱えるブランドでは、男性のトレーナーも多数いらっしゃいます。

必要なスキル、資格

ファッションビジネス能力検定
カラーコーディネーター検定
ファッションコーディネート色彩能力検定
ファッション販売能力検定

活かせるスキル、経験

スタッフを指導する職種になりますので、接客のスキルがプロフェッショナルな域に達している必要があります。また、教師や講師のような業務となりますので、コミュニケーション能力や指導力のスキルを活かす事ができるでしょう。

トレーナーは接客のスペシャリスト

ショップスタッフ時代から、お客様への言葉使いや気配りがピカイチで、販売力も抜群という、言わばカリスマ販売員といった方がトレーナーを担当する事が多いようです。

実際の現場で、長年経験してきた接客のノウハウは、その企業にとって大きな財産と言える為、トレーナーという職種は企業からも非常に厚遇されています。

現在までショップスタッフ、ショップマネージャーでキャリアを築きあげてきた方の中には、次のステップとして、バイヤーやエリアマネージャーなどを考えている方もたくさんいらっしゃると思いますが、もし接客の腕に自信のある方は、トレーナーという選択肢も視野に入れてみても良いでしょう。

トレーナーの1日の仕事の流れ(一例)

9:00~
担当する店舗の接客指導の為、千葉のショッピングモールへ直行。

9:30~10:00
開店準備。
ショップマネージャー、スタッフとのミーティング。
接客の方針などの打ち合わせを行う。

10:00~13:00
開店。接客フォローとスタッフの指導。
接客のフォローなどを行いながら、スタッフに接客の指導を行う。

13:00~14:00
ショップマネージャーとランチーミーティング。
店長とミーティングを兼ね、ショッピングモールのスタッフ用食堂でランチ。主にスタッフの接客態度の意見交換、今後の指導についてミーティングを行う。

14:00~16:00
他店舗のリサーチ。
同じショッピングモール内の競合店の接客をリサーチ。

16:00~17:00
店長とミーティング。
リサーチした他店舗の情報を元に、店長と意見交換、今後の接客方針を確認。

17:00~18:00
若手スタッフを中心に接客指導。

19:00~20:00
本社に帰社。
新人スタッフ研修のカリキュラムを作成。

20:00~21:00
新人スタッフ研修スケジュールについて、人事部と打ち合わせ。

21:00
退社。

トレーナーの喜びとやりがい

トレーナーは、ショップスタッフの接客における教師、講師的な役割を担う職種になります。学校を卒業したての右も左もわからない若いスタッフが、研修や指導を通じて、一人前のショップスタッフに成長する姿を見る事は、トレーナーとして一番の喜びではないでしょうか?

トレーナーとショップスタッフとの繋がりは非常に強く、今ではベテランのやり手ショップマネージャーと言われるような方の中にも、「私の今があるのはトレーナーの○○さんのおかげ」と、新人時代に厳しくも温かく指導してくれた当時のトレーナーに感謝への気持ちを口にする方が多くいらっしゃいます。

トレーナーの苦労

接客のクオリティを向上すべく、店舗を巡回するトレーナーを、煙たがるショップスタッフも少なくありません。トレーナーは新人に良いショップスタッフに成長してもらう為に、ついつい厳しく指導してしまいがちです。

しかし、いずれ感謝の気持ちを抱いてくれるショップスタッフもたくさん居ますので、憎まれ役を買うのも仕方ないのかもしれません。若いスタッフとも、コミュニケーションを上手く取り、厳しくも温かい指導を心掛けると良いでしょう。

転職情報

アクセスランキング

新着情報

アイテム別