知ってトクする!デザイナーで活躍する為の3つのヒント

  • 作成日:2014年10月07日
  • 419 views

アパレル21

今や売れっ子のファッションデザイナー達。
彼らが成功しているのは、いったいナゼなんでしょう?

今回は彼らの売れてる理由を分析し、みなさんがデザイナーとして活躍する為の3つのヒントを紹介したいと思います。

たくさんの洋服見て、買って、着る

最近、ファッションモデルやセレクトショップのバイヤーなどがブランドをスタートさせ成功するケースをよく聞きます。

彼女達の中でファッションデザインの専門教育を受けた人はほとんどいません。
ですが、職業柄、たくさんの服を見て、実際に袖を通してきたのです。

やはり洋服は着てナンボ。
モデルの方達はたくさんの洋服を撮影などで着用する事で、人が美しく見えるバランスなどをよく知っているのです。

同じように、バイヤーの方達は、販売のプロ。
一般のお客様達が求めるデザインをよく理解しています。

デザイナーとして、日々お仕事をこなすみなさんは新しいお洋服をたくさん着てますか?

さすがに、毎月たくさんのお洋服を買う事は難しいですが、気になる商品は試着して、なるべく鏡に合わせてみてはいかがでしょう?
思わぬ発見があるかもしれません。

自分の感覚を大切に

トレンドを牽引するコレクションブランドのデザイナーの多くは、あまり市場を意識していません。
自分が良いと思うスタイルを思うがままに発表しているのです。

ですが、意外と毎シーズン、ある一定の傾向があり、それがトレンドとなっていきます。
リサーチなどをせずとも、時代の空気を自然と汲取り、クリエイションに反映させる彼らの才能はさすがです。

普段企画をされているみなさんは、自分の感性に正直ですか?

自分が生み出した商品は最後まで責任を持って

最近、ショップの販売スタッフを企画会議に参加させ、彼らの意見を積極的に取り入れる企業が増えています。

なぜなら、販売スタッフは現場でお客様の生の声を聞いているからです。
アナタが企画した商品が、どれぐらい売れているのか、当然売り上げ日報をチェックしているとは思います。

ですが、アナタの商品を購入されたお客様の顔を見た事がありますか?
またはアナタの企画した商品を手に取って試着したけれど、購入されなかった理由を知っていますか?

たまには、アナタの商品を扱っているお店に出向いて、お客様の生の声に耳を傾けてみてはいかがでしょう?

以上、ここで上げた3つのヒントを実践するのは難しい事かもしれません。
ですが、少しでも意識付けするだけで、アナタの企画力は大きく変わるかもしれません!

転職情報

アクセスランキング

新着情報

アイテム別