知らなきゃマズイ!アパレル営業のオフィスカジュアル3つのルール

  • 作成日:2014年10月21日
  • 1,045 views

apareru06
スーツが基本の営業マンですが、やはりそこはアパレル営業。
センスある着こなしを心掛けたいですよね。

特に男性の場合、アイテムのバリエーションも少ないので、きちっとしていて、清潔感があって、なおかつオシャレなスタイリングとなると、なんだか難しそうですが、3つのルールを守るだけで、高感度バツグンのオフィスカジュアルに仕上がるのです!

セットアップで、色、素材の組み合わせを遊ぶ

男性の場合、オフィスカジュアルのテッパンといえば、やはりジャケット、パンツの組み合わせですが、同じジャケットスタイルでも、上下同じ素材、色で揃えるスーツではなく、上下の素材、色を変える、セットアップのスタイリングはいかがでしょう?

セットアップの王道と言えば、紺のブレザーとベージュのチノパンです。
インナーにはオックスフォードシャツなどを合わせると、よりキチッと感を演出できます。

夏などは、「シアサッカー」と呼ばれる、サックスブルーのストライプ素材のジャケットに綿や麻の白いパンツを合わせても爽やかですね!
夏であれば、清潔な白いVネックのTシャツなどをインナーに持ってきてもOKです。

サイズ感はトレンドに忠実に

せっかくバッチリ決めたスタイリングも、サイズ選びで全てが台無しなってしまう事もあります。

自分の体型に合っていないお洋服を着るのは、言語道断ですが、ファッション業界人なのですから、今のトレンドに合わせる事もとっても大切です。

昔、流行った様なビックショルダーのジャケットや、ピタピタなスリムスタイルはもちろん、チョイ悪オヤジ風お色気スタイルももう古いですよ!

少しゆとりのあるジャストサイズのジャケットに細身のテーパードパンツが今の気分です。パンツの丈は少し短めのくるぶし辺りが良いでしょう。
ただしソックスはベリーショートの物を選びましょう。裸足やハイソックスはNGです。

シューズには一番気を使う事!

「オシャレは足下から」という言葉があるように、シューズはコーディネイトにおいて、とても重要なポイントとなります。

最近、アメリカの心理学者が、「履いている靴でその人の人間性がわかる」という仮説を実験し、証明したそうですが、意外と女性や有能な経営者などは相手の靴を見ていると言われています。

高価なシューズでなくても良いので、毎日きれいに磨いた靴を履く事を心掛けましょう。
最低でも黒とダークブラウンのレザーシューズの2足あれば毎日のコーディネイトに問題はないでしょう。

以上の3つのルールを守り、装いを変えるだけで、お仕事の成績がみるみる良くなるかもしれません!
アナタもオシャレでデキる営業マンを目指してみては??

転職情報

アクセスランキング

新着情報

アイテム別